赤ちゃん特集



かわいい赤ちゃんのために・・・

赤ちゃんは生後2ヶ月くらいの間、お乳を飲む時以外ほとんど眠っています。満一歳になっても13時間は眠っています。

また、赤ちゃんは1年で体重が約3倍、身長は約1.5倍にもなります。

まさに、ふとんの中が生活の場なのです。

しかし、体温調節が苦手な赤ちゃんは、すぐに熱がこもってしまうため、大人の3倍もの汗をかきます。

だから、赤ちゃん用の布団は大人以上に気を使ってあげる必要があります。

ところが、現状は赤ちゃん本人よりも、まわりの大人が満足するような柄やデザインなどの外見が優先されて選ばれています。

ポリエステル、アクリルなどの化学繊維は、ほとんど汗を吸わないため大人の3倍もの汗をかく赤ちゃんでは、すぐにムレてしまったり、熱くて蹴飛ばしてしまったりして、風邪をひきかねません。

これでは、赤ちゃんは、満足に眠れません。それどころか、成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

赤ちゃんは寝苦しい時、知らせるすべがないので、泣いて知らせようとします。しかし、なぜ泣いているのかを伝えることができません。



そのため、泣く原因のひとつに、ふとんが含まれているとは、思いもしないのではないでしょうか?
この原因が布団にあった場合、布団を見直さない限り続くことになってしまいます。

昼間なら、対応もできますが、夜になると話は別です。夜鳴きなどで家族も寝られずに次の日の仕事に影響が出てしまうかもしれません。

家族が快眠するためにも、赤ちゃんの快眠が必要なのです。

そして、赤ちゃんの未来にとっても。



脳の成長は、3歳までに80%、6歳までに90%、12歳までに100%完成すると言う事が分かっています。

特に赤ちゃんの時期は、人生の中で一番の成長時期。

その中でも、一番重要なのが『睡眠の質』。

そのため、くれぐれも布団は慎重に選びましょう。

少なくとも、肌に直接触れる布団だけは、化学繊維ではないものを選びましょう。

※赤ちゃん用の布団は、各メーカーによってサイズが微妙に異なるため、当店では、お客様が希望するサイズに合わせて、お誂えすることが可能です。

例:
羽毛ふとん ベビーサイズ 横90×縦120cm
ダウンケット ベビーサイズ 横90×縦120cm
本麻パッド ベビーサイズ 横70×縦120cm
キャメルふとん ベビーサイズ 横70×縦120cm
和式マットレス ベビーサイズ 横70×縦120cm


■■↓ベビーサイズがご希望の方は、こちらから↓■■

オーダーメイド見積もり
定番には無い特殊なサイズにてお作りすることが可能です。

お見積もりの依頼は、こちら ⇒ オーダーメイド見積もりフォーム