電気毛布の危険性



電気毛布は、

  -「肌の老化を進める」「心臓に負荷がかかる」「疲れがとれない」-



電気での加温は、ノドがカラカラになったり、皮膚をカサカサにしたりします。

それは皮膚の温度が上がり乾燥が進むためです。当然、肌にも悪く、老化を進めてしまいます。

また、下記の実験結果によると、電気毛布を使った場合、未使用時より15%ほど心拍数が増えているのがわかります。

つまり、心臓への負荷が大きくなるということです。


電気毛布は危険①


入浴中に寝ると危険と言われるのも、同じ理由です。

人は体温を下げないと「深い眠り」につくことができませんが、外部から強制的に温められ続けると、体温が下がらないとわかっていても、脳と身体は体温を下げようと休息せずに働き続けるため、疲れがとれません。

下記の実験結果によると、電気毛布を使った場合、体温が下がらず、脳と身体が十分に休息できていないのがわかります。


電気毛布は危険②


疲れがとれないと、どうなるでしょうか?

その日の疲労を翌日に持ち越すどころかどんどんと蓄積してしまいます。たまりにたまった疲労物質が、肩こりや腰痛を引き起こしてしまうのです。

電気での加温は、自律神経によって守られている活動時は特に問題はないのですが、眠りにつき身体が無防備となる睡眠中となると話は別。

使用しないで済むのなら、出来るかぎり使用するのを控えましょう。

また、コタツを布団代わりに使用されている方もおられますが、電気毛布と同じく、身体への負荷がとても大きいです。

特に心臓の弱い方は危険ですので、すぐにやめましょう。


健康的に温かく快適な眠りにつきたい方は、「電気での加温」ではなく、やはり「自然の温かさ」が一番です。

長く電気毛布に頼ってきた人ほど、自然の温かさを実感すると、いかに電気での加温が身体に負荷をかけているかが、よく分かるようになります。

布団に入った瞬間から温かいのが電気毛布の特徴ですが、電気による加温のように外部から強制的に温められ続けると、脳と身体は温度を下げて「深い眠り」に入ろうと働き続けてしまうため、疲れがとれません。

起床時に、「いくら眠っても疲れがとれない」「いくら寝ても寝足りない」と感じるのは、そのためです。


やはり布団は、朝まで自然の温かさが保てる『天然繊維』が一番です。


ちなみに、化学繊維も布団に入った瞬間は温かいのですが、冷気を遮断しているだけなので、どうしても蒸れてしまいます。

汗をかいた後にスポーツウェアを着たままだと身体が冷えてしまうのと同じで、寝ている間にかいた汗で身体が冷えてしまい、その度に目が覚め何度もトイレに起きることに。

天然繊維も薬品や樹脂を使用してしまうと、化学繊維と一緒になってしまいますが、薬品を使用していない自然そのままの天然繊維なら、冬でも1枚で十分温かいのです。

自然の温かさは、化学繊維や電気毛布で温められた熱とは全く違う温かさ。

まるで縁側で、太陽の恵みを浴びながら日向ぼっこをしているような自然の温かさで、常に足先までポッカポカ。

自分の体温で温まっている感覚は、何ともいえない『自然のぬくもり』です。


自然の温かさをうまく利用することで、最も上質の眠りを得ることができ、毎日、健康的で清々しい朝を迎えることができるでしょう。

電気毛布の危険性 終わり